12番地

面白いと思ったモノ、コトを実体験を中心に書いています

ANAのインボラアップグレードを狙いにいってみた話

みなさんインボラってご存知でしょうか?正式名称インボランタリーアップグレード、エコノミークラスで予約していてもカウンターで「お客様申し訳ございませんが・・」って言われてビジネスクラスにアップグレードされるあれです。

 

私自身インボラ経験は何度かあります。しかし、全て思いがけない偶然のことで、狙いに行ったのは今回が初めてです。私がどのようにアップグレードを狙い、どのような結果になったか書いていきたいと思います。

 

そもそもインボラって何?

インボラ(正式名称インボランタリーアップグレード)とは航空便のオーバーブッキングなど航空会社側の都合によって座席がエコノミーからビジネスなどより上位のクラスに変更されること。

 

通常のアップグレードの場合は乗客側が希望し、追加料金を支払ったりマイルを使ったりして上位クラスに変更しますが、インボラの場合は航空会社からの申し出であるため乗客側の負担がないことが特徴です。

 

時には都市伝説のように言われるインボラですが、国際線によく乗っているとちょくちょく遭遇します。上級会員であるということも大きいのかもしれませんが、同僚の平会員の人間も過去にインボラ経験があると言っていたので、経験された方は以外と多いのではないでしょうか?

 

どんな人がどういう時にアップグレードされるの?

ではどんな人がどういう時にインボラ対象になるのか?

 

諸説あるようですが信憑性の高いものは下記のようなケースです。

 

・運賃クラスの高い航空券所持者

・マイレージサービス上級会員

・同行者無しの一人の旅行者

・登場路線がオーバーブッキングの時

・早めのチェックインを行った時

 

他にも身なりがいいとかビジネスマン風で旅慣れているとかといった説もあります。どの乗客をアップグレードさせるかは多くの場合航空会社の現場社員の判断に委ねられるそうなので、こういった要素も重要なのかもしれません。

 

今回のケースはどうだった?

とある日の成田—中国線でした。急遽予定が変更となり、航空券の日程を変更しようとしたところ、「往路が満席のため非常に高額になります」との返答がありました。

 

これってインボラ対象のエコノミー席がオーバブッキングとなっているに当てはまる可能性が高いのではないかとピンと来ました。そのためその時点でできることはありませんが、取り急ぎ変更はなしでそのまま予約を残しておきました。

 

出発前日:オンラインチェックイン確認

出発前日となり、オンラインチェックイン画面を確認。早い時はこのオンラインチェックインの時点でインボラの通知が来るのですが、残念ながら今回はここではアップグレードされておりませんでした。

 

もうちょっと後の画面で出てくるかなと思い座席の再指定(最前列5Cに空きが出ていました)を行い、あと一歩でオンラインチェックイン完了という場面になっても一向にアップグレードされる気配がないため、一旦画面を切ることに。後は当日カウンターでの直接勝負です。

 

出発当日: ANAのインボラアップグレードを狙いにいってみた話の結果発表

f:id:no___18:20180326211406j:plain

よりインボラの確率を高めるために早めにカウンターに行き、身なりも少しは綺麗にして行ったのですが、結果は見事玉砕でした笑。

 

まあまあ自信はあったので、「座席はエコノミーの・・」って始まった時は少々がっかりしてしまいましたね。国際線にしては機材が小さくビジネス席が8席のみということも要因だったかもしれません。

 

まあ、直前に指定した5Cの席が残っていたみたいで最前列の席が取れたため良しとしましょう。というか当然ですよね、こういうもらえて当たり前のような考え方はいけません、すみません。

 

それにしても、プラチナからSFCになってインボラの回数がぐっと減った気がします。上級会員の中でもこのプラチナ>>>越えられない壁>>>SFCという格差が成り立っているんですかね?今年はいいペースでPP貯まっているので久々にプラチナ目指してみようかな。