12番地

面白いと思ったモノ、コトを実体験を中心に書いています

フライングブルーゴールド特典は同行者にも適用可?実際に試してみた

f:id:no___18:20180307225204p:plain

フライングブルーとはエールフランス、KLMオランダ航空が実施しているマイレージプログラムのことで、もっと大きいくくりである航空会社アライアンスとしては、世界3大アライアンスの1つであるスカイチームに所属しています。こちらのスカイチームはデルタ航空が中心となって運営しており、アメリカ、欧州のみならず中国航空会社が多いことも特徴の一つ。私はこのフライングブルーのゴールドステータスを所持しており、主に中国国内線にてゴールド会員の恩恵を受けることが多いです。

 

しかし、いつもは単独での出張なので何の問題もなくゴールド会員の恩恵を受けていましたが、今回の出張は同行者が一人同伴します。ネットで調べてみても同伴者に対する特典の付与に関しては詳しく載っていなかったため、とりあえず試してみることにしました。

 

フライングブルーゴールド会員になることで受けられる恩恵

まず、フライングブルーゴールド会員はどのような恩恵を受けることができるのか?主だったところを記載します。

 

■フライングブルーゴールド会員の恩恵一覧

1:エールフランス、KLMオランダ航空の座席アップグレード50%OFF

2:スカイプライオリティ優先サービス

  • 優先チェックイン
  • 優先受託手荷物カウンター
  • 優先搭乗
  • 出入国審査及び保安検査時の優先
  • チケットオフィス/乗り継ぎデスクでの優先
  • 受託手荷物の優先的な取り扱い

3:ボーナスマイル75%付与

4:専用予約サービス

5:ラウンジの利用

6:空席待ちの優先

 

他にも細々あるのですが、わかりやすいメリットとしてはこんなところです。

 

特に私が重宝しているのが2:スカイプライオリティ優先サービス5:ラウンジの利用です。スカイプライオリティとはスカイチームの上級会員であるエリートプラスメンバーが受けられる特典のことで、ANAプラチナ会員がスターアライアンスゴールド会員になれることと同様フライングブルーゴールド会員は自動的にエリートプラスメンバーになることができます。特典内容もスターアライアンスゴールドと似たような感じですね。

 

エリートプラスメンバーの特典は同行者にも使えるのか?実際に試してみた

私は出張時の中国国内移動の際にこのエリートプラスメンバー特典を重宝しています。スカイチーム加盟航空会社は廈門航空、中国東方航空、中国南方航空など中国の主要航空会社が多く、中国国内どこへ行くにしてもだいたいどれかしらの航空会社がいい時間にフライトを飛ばしているため便利です。また、中国国内線は非常に混み合い、段取りの悪さから時間もかかるため、優先チェックイン、保安検査時の優先が非常に助かります。

 

今回も中国東方航空にて中国国内移動を行うところだったのですが、今までと違うところは今回のフライトは単独ではなく同行者がいること。ネット上では同伴者に関する明確な情報が得られなかったため、実際にカウンターに行ってみることにしました。

 

同行者には事前に「ダメかもしれないけれど試してみてもいい?」と前置きをしておきつつ、ドキドキしながらチェックインへ向かいます。杭州空港は広いため少し迷いつつも中国東方航空のスカイプライオリティの表記のあるカウンターへ。中国のVIPカウンターは床が赤絨毯になっているためすぐわかります。

 

相変わらずVIPカウンターは空いていました。通常レーンは長蛇の列になっているためスカイプライオリティ様様です。ここで2人分のパスポートとEチケットを差し出すと、、

 

杭州空港で中国東方航空を利用したときのスカイプライオリティ特典一覧

結果はOK。同伴者も問題なくエリートプラスメンバー特典を享受することができました。今回受けた特典一覧はこちら。

 

1:優先チェックイン

2:優先受託手荷物カウンター

3:優先搭乗

4:優先保安検査場の利用

5:受託手荷物の優先的な取り扱い

6:ラウンジの利用

 

同行者も特典を利用できたばかりかご丁寧にもラウンジチケットまで2人分つけてくれました。中国国内線でラウンジを使用できるケースは少ないというか今まで一回も無かったため、これには少し驚きました。

 

f:id:no___18:20180329195346j:plain

f:id:no___18:20180329195455j:plain

入口の様子からは想像できないくらい綺麗なラウンジ。アルコール含む飲み物、食べ物も置いてあり、ヌードルバーもついていました。食事を済ませふかふかのソファでくつろいでいると、地上係員が搭乗のお知らせをしてくれたので搭乗ゲートへ向かいます。今回の便も定時運行。スカイチームの航空会社を選ぶようになってから中国国内線で多い遅延に当たる確率がぐっと減った気がします。

 

スカイチームエリートプラスメンバーになるには

こんなに便利なエリートプラスメンバーになるためにはどうすればいいか?いくつかの方法があるので紹介します。

 

1:たくさん飛行機に乗る

スカイチーム加盟航空会社のマイレージサービスで上級会員になることで自動的にエリートプラスメンバーとなることができます。主だったところでいくと下記のようなものがあります。

 

・デルタ航空 ゴールドメダリオン会員

・エールフランス、KLMオランダ航空 フライングブルーゴールド会員

・大韓航空 スカイパスモーニングカーム会員

 

ただし、どこのマイレージサービスも上級会員になるためのハードルは高く、ANAのプラチナステータス同様だいたいどこも年間50,000ポイント分程度の搭乗が必要となります。ANAの例で行くと中国往復で2,000〜3,000ポイントですので毎月往復しても足りません。欧米に頻繁に出張に行くという方ならともかく、一般人にはなかなか手が届きにくいところです。

 

2:クレジットカード発行で会員資格を得る

それに対し、クレジットカードを発行するだけでエリートプラスメンバーとなれるマイレージサービスも存在します。それがこの2つです。

 

・フライングブルー ゴールドカードキャンペーン終了済

・デルタ スカイマイル アメリカンエキスプレス ゴールドカード

 

私は2017年末にフライングブルーゴールドカードを発行することによってエリートプラスメンバーとなりましたが、現在このキャンペーンは終了してしまっているようです。また、これは期間限定キャンペーンのため有効期限が2019年3月となっており、持っていればずっと上級会員になれるというわけでもありません。

 

それに対してデルタアメックスは年会費は少し高額ですが、現在もカード発行で上級会員になれるキャンペーンを行っており、現時点では有効期限もありません。

 

スカイチームの利用が多い方はもちろん、中国出張が多い方も持っておいて損はないカードです。また、このカードを所持することでデルタマイルをJTB旅行券に換えるなんてこともできるようです。

 

ちなみにデルタアメックスゴールドカードでは他者からの紹介でさらにポイントが貯まるキャンペーンを行っています。私はこのカードを所持していないため紹介できませんが、紹介のもとお得にカード発行をしたいという方は、カードの詳細野確認含め下記ブログにて可能ですので是非参照ください。JTB旅行券への換え方も載っています。

 

まとめ

杭州空港の中国東方航空利用時は同行者もエリートプラス会員特典を使えましたが、他ブログをみてみると結構ケースバイケースで変わってくるようです。あくまで自己責任でお願いします。

 

エリートプラス会員特典に関しては出張の際非常に便利なため、フライングブルーゴールドの期限が切れるタイミングに合わせて私もアメックスデルタの発行を検討しています。2019年3月までは時間があるのでもう少し考えてみようかな。きっと発行することになると思うけど。

*お得にクレジットカードを発行する方法はこちら