12番地

面白いと思ったモノ、コトを実体験を中心に書いています

ANAからIHGへのステータスマッチ対象から外れていた件

昨晩のショッキングなニュース。現在ANAにてANAエリートステータスからIHGプラチナ、スパイアステータスへのステータスマッチができるキャンペーンが行われているようです。

 

この記事を見て嬉々としてANAホームページを確認したところ、な、無い。。

 

PC版に切り替えてもANAアプリで見てもどうやっても無いんです。冒頭の記事を読んで、このキャンペーンは対象者限定でありSFC会員は除外ということは認識していましたが、私はSFC会員であると同時にブロンズ会員でもあります。IHGもこんなに愛用しているのに、この仕打ちはひどくないですか。。

 

なぜステータスマッチ対象外になったのかを考えてみた

ANAを愛用しIHGにもよく泊まる私がなぜステータスマッチ対象外となったのかを私なりに考えてみました。そこで出た仮説が下記の2つです。

 

1:ブロンズ会員であるがSFC会員でもあること

恐らくIHGの広報担当者はこんな感じでANAに持ちかけたはずです。

 

「ANAの上級会員さんって結構な頻度で飛行機に乗ってらっしゃるでしょう?ということはつまりホテルの利用も多くなる。うちとしてはそういう優良顧客を取り込みたいんですよね。そこで、うちの上位ステータスとのマッチングという形で紹介してもらえませんか?ただし、うちも広告料に限度があるのでステータスだけで大して飛行機に乗らないSFC会員さんは除外してくださいね。」

 

そう、こんなふうに。そして、ANA側もどこから紹介を始めるかというと当然飛行機に乗る回数の多いダイヤモンド会員から優先的に紹介を始め、その後プラチナ、最後にブロンズという形で紹介していくと思います。

 

そして最終的に残ったブロンズ会員の中から機械的にSFC会員を除外することで、広告枠の範囲内でキャンペーンを実施しているのではと予想します。そのためこの仮説からいくとSFC会員でもダイヤモンド、プラチナステータスの方はこのキャンペーン通知が来ていたのではと思うのですがいかがでしょうか?

 

2:IHG会員であること

IHGの本音として、今回のキャンペーンの目的は既存会員に良い思いをさせることではなく、あくまで新規会員の取得です。そのため、既にIHGに登録している方をキャンペーンから除外しているのではと考えます。

 

とはいえANAとIHGはホテル提携しているとはいうものの、お互いの会員番号をリンクさせているということは無いと思います。そのため例えIHGから会員番号をANAに渡してこの人たちは除外してくれと言ったところで物理的に不可能です。

 

しかし、これを可能にする可能性が2つあります。それが、ANA-IHGサイトへの会員登録IHGポイント交換先のANAマイルの選択です。

 

ANA-IHGサイトへ登録する時はIHG会員番号を入力するため、ANA側でIHG会員を認識することができ、逆にIHGポイント交換先をANAマイルに選択する時はIHGサイトでANAマイレージ番号を入力するのでIHG側で会員のマイレージ番号を認識できます。

 

このデータを提供し合うことでIHG既存会員をキャンペーンから除外しているのではと考えました。ちなみに私はANA-IHGサイトから良くホテル予約をしますし、IHGポイントの交換先としてANAマイルを選択していた時期があります。。

 

とはいえ、上記2点はあくまで仮説です!グチはこのぐらいにして、ここからはキャンペーンに選ばれた人のメリットを紹介していきます。

 

ANAからIHGへのステータスマッチのメリット

1:ブロンズからのマッチングでIHGプラチナステータスになれる

これは凄いことだと思います。IHGプラチナステータスになるには通常40泊が必要となりますから。ちなみに私は現在平会員で、あと2泊でやっとゴールドステータスになれます(ゴールドは10泊で取得可能)。

 

出張が多く、意識してIHGを利用している私ですらこのペースで行くとIHGプラチナの取得は難しいです。それをブロンズステータスからのマッチングで取得できるということは非常に大きなメリットです。

 

ちなみにIHGステータスごとのメリットはこんな感じ

f:id:no___18:20180511122438j:plain

IHGって実は平会員でもある程度の会員メリットを感じることができます。ゴールド特典のレイトチェックアウトも空いていれば平会員でも申請可能です。しかし、プラチナになると更に無料客室アップグレードが加わり、獲得ポイントも一気に上がります(10%→50%)。

 

また、上記表からはプラチナとスパイアの差はアーリーチェックインぐらいでそんなに変わらないという印象を受けますね。

 

2:IHGホテルはビジネスにも旅行にも使いやすい 

せっかくステータスを付与されても高くて泊まれないのでは意味がありませんよね?もう一つのメリットとして、このIHGホテルが他のホテルグループに比べてリーズナブルで使いやすいという点があります。

 

出張が多い方はいつものビジネスホテル付近にあるIHGホテルを検索して比較してみてください。おそらく御社の出張経費で泊まれるホテルが見つかるはずです。そして、価格はリーズナブルですが品質、サービスはあなたのいつも泊まっているビジネスホテルの何倍も優れています。

 

ANAステータスは持っているけどIHGには泊まったことがない、なおかつこのキャンペーンの通知が来たという方は是非登録の上IHGホテルを利用することをおすすめします。

 

3:キャンペーン期間が長い

このステータスマッチでIHG上級会員になれる期間は2019年12月31日までとのことです。今が2018年5月11日ですから、なんと1年7ヶ月の長期間ステータスを維持できます。なぜ私を選んでくれなかったんだ。。

 

まとめ

この記事で何が言いたかったというと、選出されなかった悔しさと選ばれた方は是非登録するべきだということです。IHGホテルとANAブロンズステータスに関しては下記の関連記事も参考にしてみてください。 

*IHGホテル

*ANAブロンズステータス