12番地

面白いと思ったモノ、コトを実体験を中心に書いています

絶対話題になるお土産!中国国内線で見つけたおすすめ機内販売品

f:id:no___18:20180522090627j:plain

お土産に必要なもの。それは美味しさだったり見栄えだったりしますが、何より大切なのはストーリー性だと私は思います。

 

こういう思いを込めて買った、こんなシチュエーションで買ったというストーリー性があってこそ、あげる時に話題になったり、お土産をもらった方の記憶に残ったり、もらった方が第三者に話す時のネタになったりします。

 

今回紹介するのは中国国内線の機内販売品のおすすめ商品です。

 

これらは全て中国でしか買えない(日本ではあまり見かけない)商品で、しかも、変なやつではなく、安くて結構役に立つものを見つけています。

 

中国限定商品でなおかつ中国国内線の機内販売で買ったとなれば、珍しさとストーリー性の高さから話題のお土産になること間違いなしです。そしてウケ狙いではなくちゃんと使えるというところもポイントです。

 

配る系のものではなく、どちらかというと個人で使うものなので、ピンポインとで用途が合う方か、家族へのお土産か、もしくは自分用のお土産としてがいいかもしれません。

 

ちなみにこれは杭州〜廈門の中国東方航空のケースです。ご参考ください。

 

絶対話題になるお土産!中国国内線で見つけたおすすめ機内販売品 

1:中国東方航空オリジナルi-Phoneケース

f:id:no___18:20180522090554j:plain

中国東方航空オリジナルデザインのi-Phoneケースです。写真右上、左下、右下の3種類ありました。

デザインもいいし、49元なので約800円と航空会社オリジナルなのに結構安いです。個人的には右下の気球が可愛いと思いますが、左下のメッセージにある「遅延しません」というのもシュールで好きです(中国国内線は結構な確率で遅延します)

 

2:HEAD腕立て伏せ器具

f:id:no___18:20180522090711j:plain 

スポーツウェアで日本でもたまに見かけるHEADというブランド。ここの腕立て伏せ補助器具がありました。

お値段109元=1,744円と器具として高いのか安いのかよくわかりませんが、感覚としては安く感じます。ちょうど筋トレを始めたいと思っていた時だったので思わず欲しくなってしまいました。

  

3:KENZO ブランケット

f:id:no___18:20180522090758j:plain 

KENZOのブランケットです。日本でも最近人気が出てきていますが、中国ではかなり人気のブランドです。そして中国でもかなり高いです。

このブランケットは380元=6,080円とやや高めでしたが、KENZOならありかなと思いました。

 

4:キャンプ・アウトドア用品

f:id:no___18:20180522090830j:plain 

これは激安だと思います。全て中国のメーカーのようですが、テントで4,416円、バーベキューコンロ2,848円です。

日本のメーカーも工場自体は中国にありますから、中国メーカーとはいえある程度の品質は保っているのかなと想像します。まあこの値段なら一回使って壊れても別に文句は言いませんけどね。

 

そのほか売られていた物たち

f:id:no___18:20180522090929j:plain

Kindleペーパーホワイト。やや高め。

 

f:id:no___18:20180522091009j:plain

アップル製品。これも日本で買うより高いです。中国の定価よりは安く設定しているのでしょうか?

 

f:id:no___18:20180522091102j:plain

サムソナイトのスーツケース。海外物は総じて少し高いですね。

 

まとめ

HEADの腕立て伏せ機を実際に買おうと思ったのですが、今回の便には積んでいないとのことでした。確かに狭い国内線機内にこれだけの商品を積んでいるとは思えないので、事前にネット予約等が必要なのかもしれません。

 

中国国内線で暇だったので機内誌をぱらぱらめくったら機内販売で結構楽しめたというお話でした。この腕立て伏せ機は本当に欲しかった。。